成長ホルモンの効果 Effect

HGH(成長ホルモン)について

「HGH(成長ホルモン)」の分泌量は年齢と共に低下していきます。 「HGH」を注射などで直接補給する方法は米国では10年以上前から行われてきましたが、費用が大変高額(年間にすると180万円から360万円)で、さらに副作用も心配されるため一般的ではありません。 日本国内のアンチエイジングクリニックなどでも 同じように高額です。

HGHアップ(成長ホルモン)で得られる効果

  • 成長ホルモン分泌力アップ
  • 他のホルモンバランス調整
  • 冷え性改善
  • 免疫力アップ
  • 細胞活性化
  • 体脂肪減少
  • 胃腸 消化器系活性化
  • 睡眠の質向上
  • 酵素活性化結成酵素消去
全身に及ぶ若返り効果実現

HGH(成長ホルモン)を生み出すには

HGH(成長ホルモン)の分泌のトリガーとなる一つの物質は乳酸。 有酸素運動は乳酸をあまり発生させないが、 高強度筋力トレーニングなどの無酸素運動は、成長ホルモンの分泌に必要な乳酸を多く発生させる。 無酸素運動で乳酸が多く発生するのは、体内のグリコーゲンを乳酸に分解することによって、一時エネルギーを作り出すため。 そして、同じ無酸素運動でもより多くの乳酸を発生させるのは筋肉によって血管を押しつぶす高負荷のトレーニングであるが、女性には負荷が高く実現が難しくしい。

そのため、一般的なヨガではHGH分泌効果は期待できません。

若さのマスターホルモンHGH(成長ホルモン)

全ての動物において、加齢と共にHGH(成長ホルモン)は減少します。ヒトにおいては21歳から31歳までの10年間で14%程度HGHが減少します。60歳までには半分まで減少することになります。 HGHは小人症の子供に対する特効薬で、過去30年以上にわたり数万人の小人症の患者さんをこの病気から救ってきたことはよく知られています。

成長ホルモンの生涯分泌パターン

成長ホルモンの生涯分泌パターン

HGH(成長ホルモン)療法は高齢者で見られる次のような症状を改善させてくれます。

すなわちHGH(成長ホルモン)の減少とともに起こる症状。太り過ぎる・筋肉がたるみ弱くなる・無気力になる・セックスに対する興味が無くなる・不眠になる・集中力・記憶力がおちる・疲れやすくなる・そして人生への興味を失うなど、これらのいわゆる老化のサインをHGH(成長ホルモン)はひっくり返すことが出来きます。世界中で行われた2万例に及ぶ研究がHGH(成長ホルモン)療法の幅広い薬理学的効果について立証しており、上記のような症状に対する幅広い効果がHGHにはあると言われています。
美圧ヨガスタジオbestaの
サイトはこちら